***全母子協 ***  (一財)全国母子寡婦福祉団体協議会


ごあいさつ
トピックス
全母子協とは
情報開示
活動レポート
全母子協ニュース
全国組織ガイド
母子家庭等の状況
仕事について
生活について
お金について
関連情報
養育費について
母子家庭関連法律
税金の知識
年金の知識
法律の知識
事業主の皆様へ
役立ちリンク
ビジネス常識力チェックテスト
ライフ&キャリアデザインシート
 
手帳頒布事業
PRページ
母子寡婦福祉手帳2017年(平成29年)版
御買上ありがとうございます

※好評発売中※

毎年6月1日〜9月15日に翌年の手帳の予約を受付いたします

 

 

お問い合わせ
※全母子協からの返信はPCメールです。携帯から送られたメールに返信した多くが、エラーで戻ってきています。
ホームページの
ご利用について
 
携帯電話での
アクセス方法

                      

 

税金の知識
 税金・税とは、公共部門(国や地方公共団体など)が、公共サービスを実施するための原資として、民間(住民や法人など)から徴収する金銭その他の財貨・サービスのことで、講学上は租税(そぜい)とも呼ばれています。
 税金は,国に納める「国税」と地方公共団体に納める「地方税」とがあり、地方税は,さらに道府県税(および都税)と市町村税(および特別区税)とに分かれます。

所得税とは
税金に関わる各種情報



所得税とは
  個人の所得に対して課せられる国税です。広義には、法人税を含めていう場合があります。

 母子家庭等に関係する所得税及び地方税の控除の種類は次のものがあります。

*控除額*
 
所得税
地方税(住民税)
 寡婦(夫)控除額
270,000円
260,000円
 特別の寡婦控除額
350,000円
300,000円

*定義*
  所得税法上の寡婦の定義(第2条)は、母子及び父子並びに寡婦福祉法(第6条)に定める定義とは異なりますのでご注意ください。)

  寡婦
 所得者本人が次の(1)、(2)のいずれかに該当する人をいいます。
(1) 次のいずれかに該当する人で、扶養親族又は生計を一にする子のある人
  イ 夫と死別した後、婚姻していない人
ロ 夫と離婚した後、婚姻していない人
ハ 夫の生死の明らかでない人
(2) 上記(1)に掲げる人のほか、次のいずれかに該当する人で、合計所得金額が500万円以下の人
  イ 夫と死別した後、婚姻していない人
ロ 夫の生死が明らかでない人
〔注意事項〕
 ここでいう「生計を一にする子」には、他の所得者の控除対象配偶者や扶養親族になっていたり、所得金額の合計額が38万円を超えている人は含まれません。
 離婚の場合には、扶養親族などがなければ合計所得金額が500万円以下であっても寡婦控除の対象となる「寡婦」には該当しません。

  特別の寡婦
 寡婦のうち、扶養親族である子を有し、かつ、合計所得金額が500万円以下の人をいいます。

  寡夫
 所得者本人が次の(1)、(2)又は(3)のいずれかに該当する人で、生計を一にする子があり、かつ、合計所得金額が500万円以下の人をいいます。
  (1) 妻と死別した後、婚姻していない人
(2) 妻と離婚した後、婚姻していない人
(3) 妻の生死の明らかでない人
〔注意事項〕
 ここでいう「生計を一にする子」の範囲については、「寡婦」の場合と同様です。

※前年の合計所得金額が125万円以下で65歳以上の方について適用されていました市県民税の非課税措置は平成18年度より廃止になりました(ただし、昭和15年1月1日以前に生まれた方については、平成19年度までは経過措置が適用になります。)が、生活保護法により生活扶助を受けている人及び障害者、未成年者(既婚者は除く)、寡婦、寡夫で合計所得金額が125万円以下の方は非課税となります。
  ※寡婦控除に関する最新の情報は、国税庁のホームページをご覧ください。
  寡婦控除(平成21年4月現在法令等)
 

税金に関わる各種情報
  税務手続の案内
  税金に関する各種ご相談窓口
  ※ご不明な点等は、お近くの税務署へお問合せください。
 


copyright 2006 National Federation of Single Parents and Children's Welfare Associations in Japan
当サイトにある著作物の使用に際しては著作者の許諾が必要です。
また無断使用による事故については使用者の責任と費用で処理するものといたします。