***全母子協 ***  (一財)全国母子寡婦福祉団体協議会


ごあいさつ
トピックス
全母子協とは
情報開示
活動レポート
全母子協ニュース
全国組織ガイド
ビジネス常識力チェックテスト
ライフ&キャリアデザインシート
 
手帳頒布事業
PRページ
母子寡婦福祉手帳2018年(平成30年)版
御注文はこちらから

※好評発売中※

毎年6月1日から翌年の手帳の予約を受付いたします

 

 

お問い合わせ
※全母子協からの返信はPCメールです。携帯から送られたメールに返信した多くが、エラーで戻ってきています。
ホームページの
ご利用について
 
携帯電話での
アクセス方法

                      

 

ごあいさつ
一般財団法人移行に伴う法人名称変更のお知らせ

ごあいさつ


ひとり親家庭の幸せを求めて

一般財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会

理事長 海野 惠美子



 最初に熊本中心に起きている地震に関し、お見舞い申し上げます。ニュースで聞いていると範囲も広く、酷い状況に心痛めております。これから会員の皆様の為に何が出来るか解りませんが、まずは全国に義援金を募り出来るだけ皆様の力になれる様に動きたいと思います。

 3月5日に理事長になり、改めて問題点が沢山ある事に気付きました。 定款変更・全母子協会館の今後・父子問題・賛助金・各ブロックの理事と数々の問題点がある事に気が付いたのです。

 それから、今後の全母子協を担っていくには、経営的な商才と経理的な問題を把握できないと倒産状況に陥ります。ここに来る迄に考えなくては駄目だったと思いますが、手遅れにならない様考えさせられます。


 各ブロックの理事はどなたが理事長になってもおかしくない状況です。 古いとか順番だからと言う決め方は辞めてほしい、6名の理事の中で、理事長・副理事長を選ぶのは人材不足なのか?
 理事さんの人数が減った事により、自分のブロックから理事長を出す位の考えで選んで頂きたいと願います。
  人間的に温かみのある信頼と安心できる方が出てきて、若い人に受け継いで貰える様、末永く全母子協の運営を考えていきたいものです。

 「自分の自慢は良いが、他人の批判はやめよう
           人間の価値観はそこで決まる
                見る人が見れば解かる」

 この程度の人と思われない様、
            信念を持って共に活動して行きましょう。



一般財団法人移行に伴う法人名称変更のお知らせ
全国母子寡婦福祉団体協議会では、新公益法人制度に対応するため、一般財団法人への移行手続きを進めてまいりましたが、この度、内閣総理大臣の認可を得て、平成25年4月1日より一般財団法人に移行することになりました。
これに伴い、法人名称が下記のとおりに変更されますのでお知らせ申し上げます。なお、法令に基づき旧法人からの権利義務は新法人が全て継承し、法人としては同一性を持っております。
今後も母子寡婦福祉向上のため、活動を充実させてまいる所存でございますので、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 
新法人名 : 一般財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会
旧法人名 : 財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会
変更日 : 平成25年4月1日



copyright 2006 National Federation of Single Parents and Children's Welfare Associations in Japan
当サイトにある著作物の使用に際しては著作者の許諾が必要です。
また無断使用による事故については使用者の責任と費用で処理するものといたします。